【K-POP GENERATION】Girls Groupガイド |タットリタン

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タットリタン 

カテゴリ:韓国料理

タットリタン(닭도리탕)
タットリタン

タットリタンは、鶏肉と野菜を辛いスープで煮た韓国の煮込み・鍋料理。「タクトリタン」「ダットリタン」など表記はさまざまである。
代表的な家庭料理であり、それゆえその材料や調理法は多様である。一般的には、丸鶏をぶつ切りにした骨付き肉とジャガイモや人参、玉ネギなどの野菜を炒め、スープか水を注ぎ、コチュジャン、粉唐辛子、砂糖、おろしたニンニクやショウガなどを合わせた調味料で辛く煮込んでいく。肉やジャガイモが柔らかくなったら味をととのえ、刻んだ長ネギやエゴマの葉、青唐辛子スライスなど乗せて供する。鶏のうまみと香辛料の刺激が食を進め、ご飯のおかずや酒の肴として韓国家庭では定番のメニューである。残ったスープに麺を入れたり、ご飯を入れて炒飯や雑炊にすることも多い。
これを専門とする店はほとんどないが、サムゲタンやタッカンマリなどをメインとする鶏料理専門店のほか、街の食堂や酒場などで見かけることがある。店で出す場合、2・3人分の量を鍋に入れて供し、テーブルで加熱してから食べることが多い。また、汁気を飛ばした状態で大皿料理として供されることもある。
なお、このタットリタンを慶尚北道・安東市のある店が客の要望に応えてアレンジしていってできたのがチムタクであると言われている。
牛肉/豚肉を鶏肉に、また醤油味をコチュジャン味に変えた、韓国版肉じゃがといった趣のある「タットリタン」。「タク」(닭)は鶏を意味し、「タン」(탕)は漢字の「湯」でスープ料理を意味するが、間に挟まれた「トリ」(도리)は日本語の「鳥」に由来するらしい。このため国語醇化を推進する立場からこれを「タッポックムタン」(닭볶음탕/鶏炒めスープ)と呼びかえるべきだとする声もある[1]。一方で「タク」の方が取れて「トリタン」となってしまった商品名なども見られる。
また本来「タン」は具の少ない、一人ずつ供されるスープ料理を指すが、この料理はチゲ並みに具が多く、また食堂などでは大鍋から数人がつつくことが多い。

出典元:Wikipedia
関連記事

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kpopgeneration.blog135.fc2.com/tb.php/1199-faab9776

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。